新たな価値の創造と豊かな未来づくりを目指して

喜多機械産業は、建設機械・資材の複合専門商社として、先端技術の建設機械・資材、
環境保全のための施設・設備・土木工事工法の提供を通じて、
お客様や社会の新たな価値の創造に貢献できるよう、豊かな未来づくりに挑戦いたします。

徳島市において喜多商店を大正15年に創業、その後、昭和36年に喜多機械産業株式会社を設立し、祖業である機械の修理に始まり、建設機械・土木資材の販売、建設機械のレンタルと事業領域を拡大していく中で、地域に密着する企業として成長を遂げて参りました。

今日にあっては、これら事業に加えて、ユニットハウス事業、太陽光発電システム事業、水処理事業、海外での小水力発電事業など、時代に応える中で、新たな分野へと業容の拡大を進めております。振り返れば、お客様から「こんなことがしたい」「こんなものが欲しい」と言ったご要望に誠実にお応えしてきた歴史の積み重ねでありました。

今、地域を取り巻く経済社会状況は、少子高齢化・人口減少という大きなうねりの中を進んでおります。
この環境変化を、新たな価値を創造し飛躍するチャンスと捉え、多くの仕入先とのネットワークを大切にしながら、全従業員と一丸となって、これまでと同様にお客様と共に、未来に向けて一歩一歩を確実に歩んでいく所存であります。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要
事業内容 土木建設建築関連商品の販売、レンタル、修理
林業・農業用機械の販売、レンタル、修理
太陽光発電システムの設置およびメンテナンス
汚水処理プラント・濁水処理システム等、各種プラント構築
土木・建築ソフトウェアの販売
ユニットハウスの製造、販売、レンタル
設立 1961年4月13日
資本金 1,000万円
従業員数 214名(2017年1月31日現在)
売上高 79億5100万円(2017年1月期)
本社所在地 〒770-0044 徳島県徳島市庄町3丁目16番地
TEL:088-631-9266 FAX:088-631-9270
事業所 営業拠点ページへ

沿 革
1926年 喜多佐平 喜多商店 創業
1961年 喜多美行 喜多機械産業株式会社 設立
土木建設機械器具の販売・レンタル・修理を始める
1975年 本社にて、第1回展示会開催
1977年 徳島県三好郡池田町に 営業所新設 以後営業所開設重ね、県内拠点充実させる
1981年 ユニットハウス事業開始 ハウス製造・レンタル・販売業務始める
1985年 兵庫県淡路市に県外初の淡路営業所開設
レンタカー事業 開始
1998年 足場事業 開始
2001年 徳島県徳島市津田海岸町に徳島東営業所開設
県内営業所8ヶ所、機材センター2ヶ所となる
太陽光発電システム事業 開始
2008年 香川県高松市に高松営業所開設し四国圏内へエリア拡大
仲田優晴 代表取締役 社長に就任
2015年 京都府京田辺市に関西営業所開設
県外営業所 5ヶ所となる

 

「くるみん認定」を取得しました 
 
厚生労働省東京労働局より子育てサポート企業として「くるみん認定」を取得しました。
「くるみん認定」は、次世代育成支援対策推進法に基づき、
労働者の仕事と子育ての両立を目指す一般事業主行動計画を策定した企業のうち、
計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業が、
厚生労働大臣より子育てサポート企業として認定を受けることができるものです。


一般事業主行動計画の公表について

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。
1.計画期間 平成30年2月1日~平成32年1月31日  
2.内容
[目標1]所定外労働を削減するため毎週水曜日の全社一斉のノー残業デーを継続実施し所定外労働を計画期間内に20%削減する。
(対策)
・ノー残業デーの成果をあげるため、毎月の結果を経営会議、所長会議等で還元、社内掲示板にも記載し、早帰りの意識を更に改革する。

[目標2]有給休暇の取りやすい環境をつくるため有給休暇取得増強に努め、リフレッシュ休暇の取得率を100%とする。
(対策)
・上記会議等、社内掲示板の活用で、有給休暇の取得を情宣する。
 特に当社独自の定めたリフレッシュ休暇は全員が必ず取得できる体制を確立したい。

[目標3]計画期間内において育児休業取得を男性社員1名以上、女性社員の取得を100%とする。
(対策)
・男女ともに育児に専念できる職場作りを目指すため、社内の情宣を更に行い、育児休業が取りやすい職場作りを目指す。


健康経営宣言
喜多機械産業株式会社は、
従業員が心身ともに健康で個性や能力を最大限に発揮することが企業の発展につながると考えます。
社員の豊かな生活の実現を念願し、
それに向けた努力をすることが、喜多機械産業株式会社の経営理念であり、
そのために会社、従業員、その家族が一体となって健康つくりに邁進します。
そして、従業員の健康を職場の活力につなげ、ワークライフバランスを実践することで、
従業員が働き甲斐を持ち、高い付加価値を顧客、仕入れ先に提供することで、広く社会に貢献します。


ロゴコンセプト
KITAKIKAI Corporate Identity

 

 

太くどっしりとした、字体は、創業90年を超えた、重みと長年培ってきた、信頼、知識、知恵を基盤に
変化、進化、挑戦していく喜多機械産業を表しています。
上の三つのオレンジは、経営理念の、お客様や仕入先、社員と家族、そして地域に喜んでもらえる会社であること、
また、わが社の礎である販売、レンタル、修理の三位一体、を象徴しています。
この大切な3つの矢が、常に上へと向かう姿勢を表現しています。そして私たちは、新たな価値の創造と豊かな未来づくりに貢献できる企業をめざします。
人と自然と未来のために
For people, nature and the future